top of page

プラスチックオフセットは何なのか、普及するか?

プラスチック・オフセットとは

カーボンオフセットの仕組みと同様、プラスチックオフセットは、企業や消費者がプラスチッククレジットを購入し、プラスチックのリサイクルを扱う社会・環境プロジェクトに直接資金を支援することによって、プラスチック使用に伴うCO2排出量をオフセットするというものである。

例えば、RePurpose社は、消費者のプラスチック消費量を計算し、年額または月額の料金でプラスチッククレジットを提供する。その資金は、発展途上国の廃棄物回収サービスなどの事業に支援する。また、同じ仕組みでリサイクルされるプラスチックを活用し、企業が自社製品を「プラスチックニュートラル」として販売する事例もある。


また、Plastic Collectiveは「プラスチックニュートラル」プログラムを立ち上げ、消費者は年間55ドルで53kgのプラスチック廃棄をオフセットすることができる。


プラスチックオフセットは普及するのか?

プラスチックオフセットはまだ始まったばかりで、この先の見通しはついていない。10年以上取組まれているカーボンオフセットと異なり、昨今企業向けのカーボンオフセットでは多数の成功事例がある。国際航空運送協会(International Air Transport Association)によると、航空会社によるカーボンオフセットは、売上高の平均2%程度という普及例がある。

カーボンオフセットのように、政府はC O2排出量を削減するために制度を定めているが、プラスチックオフセットの場合、政府がCO2排出量削減を目的とした制度を定めているカーボンオフセットとは異なり、まだ制度化がなされていないため、プラスチック消費量の測定方法が統一化されておらず、クレジットの価値と完全性を評価することは現状困難であると言われている。

今後プラスチックオフセットの価値と完全性を保証する標準化されたシステムの開発が必要と考える。現在、国際的なカーボンオフセットの基準を管理する米国NPO団体であるVerraが率先してプラスチック廃棄物削減基準を設定し、認証のための会計処理とクレジットの基準を合理化することに取組んでいる。またIUCN(国際自然保護連合)は、さまざまなプラスチック消費手法のレビューに基づいて、標準化のシステムを開発する予定である。


最後に

プラスチックオフセットは、リサイクル・プラスチックとバージン・プラスチックへの移行に伴う一時的なソリューションとして認識されるが、プラスチック廃棄を軽減するのに役立つ。リユース・リサイクル可能な材料開発や積極的なプラスチック削減目標が掲げられる中、削減努力を行ったうえでどうしても発生してしまうプラスチックを間接的に削減しようとするプラスチックオフセットが、今後の環境問題の解決に繋がると考える。


Comments


bottom of page