環境価値を取引する主要クレジットの比較

グリーン証書や非化石証書は、主にRE100, CDP, SBT, 温対法など気候変動への対策として設計されたシステムに、再エネ率の向上やCO2の削減に反映させるために活用されています。一方、J-クレジットやGold Standarad等のVERクレジットは、SDGs、ESG経営をはじめとする気候危機対策を構築し、ビジネスの付加価値向上や企業ブランドの磨き上げなどの目的で活用されています。


日本国内において一般的なカーボンオフセット実施者が活用可能なクレジットは以下の通りです。

クレジット付き商品や会議・イベントのオフセットの実施が活用可能なクレジットは下記の通りです。

国内クレジット創出者より独自に販売する場合は、販売価格は約10,000円であり、海外クレジットの価格と比較し、突出して高いとなります。


どちらのクレジットを選ぶにしても、クレジットの創出及び活用はグリーン化の進展、地域経済活性化や雇用、レジリエンスの確保等につながり得るなど SDGs の精神とも合致するので、消費者や企業の積極的な取組みが求められています。