自主的炭素取引市場概況

2020年に市場規模は4億7300万ドルで、2012年以来年間の最高額であるとなりました。2021年8月31日の時点で、市場取引額はすでに7億4,800万ドルを超えています。今年は過去最高の年間取引額となる可能性があり、10億ドルを超えると予測されます。



自主的炭素市場の取引量は,2020 年に 188 MtCO2 という記録的な量に達し、2019年に比べて80%の増加であり、新型コロナパンデミックの被害にもかかわらず、2021年8月末までには2020年より27%上回る239 MtCO2eに達しています。



新規プロジェクトの登録とクレジットの発行が急増しているため、クレジットの発行量(issuances)が、クレジットの償却(retirements)を大幅に上回ります。このようにクレジットの需要より供給が多いため、取引価格が全般的に上昇していますが、期待されているほど急激には上昇していないと言われています。


また、カテゴリー別の発行と償却の内訳を見ると、植林と再生可能エネルギープロジェクトが発行されるクレジットの大半を占めることがわかります。この2つのカテゴリーを合わせると2021年のクレジットの88%を占めています。今後この2つのカテゴリーで占められた取引が続くことが予想されます。




Source: ECOSYSTEM MARKETPLACE INSIGHTS REPORT Markets in Motion, State of the Voluntary Carbon Market 2021, Installment 1, issued by Ecosystem Marketplace