top of page

飛行機での移動はカーボンオフセットを行うべき?

Nature Climate Changeの調査によると、観光業界は2018年に440億トンのCO2を排出し、それが世界全体のCO2排出量の11%を占めていることが明らかとなった。そのうち飛行機の利用による排出量が最も大きな割合を占めているため、飛行機のCO2排出削減対策が問題視されている。


CORSIA(国際民間航空のためのカーボン・オフセットおよび削減スキーム)への適合が義務化される

2021年、国際線を運行する航空会社は国連の協定「国際航空のためのカーボンオフセットおよび削減スキームCORSIA」に基づき、排出したCO2に応じた排出量のオフセットが義務づけられた。それをきっかけに、同年200社以上の航空会社が2050年またはそれ以前にカーボンニュートラルを実現することを誓約した。


個人に何ができるのか?

CO2の排出は、人々が日々の営みを続ける限り、避けられない現実となっている。私たち一人ひとりが、他人事ではなく、自らの問題として認識することが重要である。飛行機の利用にあたっては、CO2削減の解決策の一つとして、個人レベルでもカーボンクレジットの購入が可能である。

クレジットの購入は、植林や再エネプロジェクトの開発など、CO2排出量を削減するための取組みに還元できる。例えば、デルタ航空、ユナイテッド航空、ブリティッシュ・エアウェイズなどの航空会社はすでに、少額の追加料金を支払うことで、フライトのカーボンオフセットを行うオプションを提供している。


ナショナル・ジオグラフィック協会とモーニングコンサルト社が2022年1月に行った消費者意識調査によると、航空会社が提供するカーボンオフセットの追加料金を支払ったことがある、または支払う意思がある(利用したい・利用するかもしれないを含む)と回答した利用者は、回答者全体の38%を占めた。








最後に

旅行者にカーボンオフセットの価値を理解してもらうことで、より有意義な旅が実現できると考える。環境保護団体への寄付はその効果を定量的に把握することが難しい一方で、カーボンクレジットの購入はCO2排出量の削減を明確に示すことができるという点で、価値の高い取組みと言われている。



Comments


bottom of page