J-クレジットとの違い

J-クレジット制度は、省エネや再生可能エネルギーの活用によるCO2等の排出削減量や、森林管理によるCO2等の吸収量を、クレジットとして認証する制度です。国内に創出されたクレジットを活用することにより、低炭素投資を促進し、温室効果ガス排出削減量の拡大につなげます。

本プラットフォームはJクレジットとの狙いは同じですが、役割、取り扱うクレジット等が異なります。本プラットフォームは少量販売、海外クレジットの取り扱い等の特徴があり、煩雑な手続きを省いて低価格かつ高品質なクレジットを提供します。

J-クレジット プラットフォーム

本プラットフォーム

役割

クレジットの登録、認証、売買を行う機関

クレジットの販売のみ

取扱クレジット

J-クレジット

Gold Standardに認証されているクレジット

クレジット種類

政府主導

民間セクター主導

購入方法

J-クレジット・プロバイダーによる仲介

直接「クレジット保有者」と交渉

入札販売での購入

本プラットフォームで購入

クレジットの平均販売価格

2,536円/ton*

(*:再エネ発電クレジット;2021年4月第11回の入札販売結果により)

2,050円/ton

(2021年12月16日付、本プラットフォームのクレジット平均販売価格)

購入可能量最小

1 ton

1 ton

購入可能量最大

案件規模によります、200,293ton*の販売実績がある。

(*:再エネ発電クレジット;2021年4月第11回の入札販売結果に基づく)

500 ton

(500ton以上購入する場合は、カスタイマイズできます。)

取扱オフセット・プロジェクト

日本国内のみ

グローバル

管理システム

J-クレジット登録簿システム

クレジットの認証機関Gold Standard Impact Registryにより管理される

証明書発行

無効化通知書(日本語)

(数週間かかりる;毎週木曜日にその週の申請を締め切り、不備のない申請書は翌週に無効化処理が行われる。

無効化通知書(英語のみ)

(最短営業日3日以内、発行する)

ウエブサイト