NFTAI.png

​機械学習・NFT取引オフセット

機械学習やNFT取引は大量のコンピューターを稼働させなければならないため、

電力消費が膨大になり、環境に与える影響が心配される。

カーボンクレジットを購入して、環境負荷が軽減できるカーボンオフセットにはじめてはどうでしょうか。

機械学習

AIや機械学習は、画像認識や会話、高度なゲームでの勝ち方、クルマの運転方法などを学習し、目覚ましい成果を日々上げている。しかし、アルゴリズムを開発、訓練するための膨大な計算能力と電力が必要。

機械学習のCO2排出量計算

​機械学習に使われる消費電力と地域のCO2排出強度を考慮し、CO2排出量が計算される。下記の利用条件をご入力ください。

  • ハードウェアの種類

  • 使用時間

  • プロバイダー

  • コンピュートリージョン

13.png

NFT取引

NFT(Non-Fungible Token,非代替性トークン)は、替えが効かない暗号資産として、最近注目される。NFT市場が急成長する一方で電力消費実態と環境負荷への影響が明らかになり、Digiconomistの調査によると、暗号資産上位2社の電力消費量とCO2排出量は次のようになると推計される。

  • ビットコイン:204.5TWh (イランの年間消費量に相当)

  • イーサリアム: 109.9TWh(ノルウェーの年間消費量に相当)

NFTオフセット

①NFTコントラクトアドレスの提示

②温室効果ガス排出量の算出

取引量及びガス代*1によるCO2排出量が計算される。

*1ガス代:NFTはイーサリアム(仮想通貨)を利用して取引が行われます。取引記録や承認作業といったマイニングには膨大なコンピューターの消費電力が必要です。そのため、マイニングを行う人に支払われる報酬をガス代と呼びます。

③オフセットクレジットの購入

④証明書(無効化通知書)の発行

NFTオフセット