1.png
2050Carbon Neutral.png

日本は脱炭素社会を目指し、2050年までのカーボンニュートラル実現を宣言した。

各地域で、カーボンニュートラルの実現に向けた持続可能な地域づくりを加速させる必要がある。

まちづくり

長期的なエネルギー転換のロードマップづくりが可能に

地域が脱炭素へといち早く移行していくためには、地域の特性に応じた効果的・効率的な取り組みを検討する必要があります。2030 年の温室効果ガス排出量46%削減と、2050 年カーボンニュートラルの実現といった目標を踏まえ、これらと整合するCO2排出量の削減を地域特性を考慮したうえで実現するロードマップづくりを、「町炭素簿」は長期的なエネルギー供給等のシミュレーションによって可能にします

CO2排出量削減効果の可視化による取り組みの最適化

設定された削減目標を実現するためには、地域特性や気候風土に応じて、再エネ、省エネ、電化、EV/PHEV/FCV の利用、カーボンニュートラル燃料の使用など、具体的なCO2削減対策を検討する必要があります。「町炭素簿」は各削減対策のポテンシャルデータを基に削減効果のシミュレーションを行い、地域のCO2削減量を正確かつ効率的に把握し、削減対策の最適化を可能にします

コストパフォーマンスの高い削減対策を定量的に検討可能に

限りある予算を最大限に有効活用するため、「町炭素簿」は、削減効果とそれに必要な投資金額を定量的に整理することができます。また地域全体のロードマップとしてCO2削減計画を整理するとともに、削減対策の効果を最大化した計画を検討することができます

多様なシステム境界(算定範囲)に対応

「町炭素簿」は、住生活をはじめ、ビジネス・商業、自然・公共施設のエリア等を対象としたシミュレーションに対応し、お客様の事業内容に合わせた個別ソフトウェアを構築可能です。また、削減施策を単独で考えるのではなく、複数の施策の組合せによる最適な取り組みをWEBシステム上で検討することができます

まちづくり